2008

また会おうよ

毎日が 同じことの繰り返しばかりで
何にも見えなくなって 道に迷ってばかりさ
届かぬ夢に手を伸ばし もがいて走ってきた
なんとか手にした自由も なんとなく不自由で

きっと ボクのわがままな人生なんだろう

今夜も最後まで歌うよ ブルースを
涙が溢れ出して 泣きそうになっても

また会おうよ きっと寂しくなるから
また会おうよ きっと寂しくなるから

Club GRiND "SOULER"

Club GRiND "SOULER"

今年最後のライブは、超満員のフロアでやることが出来ました!
これもご縁のおかげ、みなさんのおかげです。

毎回ほど来てくれるお客さんのお友達がこのClub GRiNDのオーナーさんとお知り合い。

オーナーさんとも何度かお会いして、音楽の話しで盛り上がり、ボクの演奏をみんなに観せたい、という気持ちも強く感じ、、、ありがたいことです。

ほかの出演者、ダンサーさんのレベルも高く、お客さんの雰囲気も良く、非常に満足できるイベントでした!

SOULER 最高でした!

12/13/2008 GRiND

1st
Get on up ~ Beautiful
No Diggity
I wanna be your man – Blackstreet
Let’s Chill
In The Midnight Hour
Mothership

2nd
So Ruff, So Tuff
What cha gonna do for me
Do Me Baby – Nobody
Computer Love
I Want 2 B UR Man
Doo Wa Ditty

楽しかったー。

来年はもっといい景色を見に行こうと思います。
てか、一緒に見ようぜ。
また会いましょう。

ミラ・ジョボビッチ主演「ジャンヌ・ダルク」

映画「ジャンヌ・ダルク」
いまさら、、、なんですがこの映画、はじめてみました。

— 以下、オフィシャルサイトより —

救世主、聖処女、魔女、殉教者、戦士、狂人……。ジャンヌ・ダルクをどう呼ぼうが、彼女が驚くほどドラマティックで実りある人生を送ったことは間違いない。たとえ20歳の誕生日を迎えることができなかったとしても…。

ジャンヌ・ダルクは17歳にしてフランスの王太子シャルルに神からのメッセージを伝えた。2ヶ月後には軍を率いてオルレアンでイギリス軍を撃退し、打ちひしがれていたフランス国民に希望の光を当てた。しかし、18歳のとき捕らえられ、敵の手に売り渡され、19歳で魔女として火刑に処される。

20年後、フランスはイギリスとの百年戦争に勝利した。死後25年たってジャンヌは教会から無罪を宣され、1920年には聖者の列にも加えられた。しかし、ジャンヌが見た幻影が本当に神の声なのか、ノイローゼの所産なのか、彼女を巡る議論は今も続いている。

http://www.sonypictures.jp/archive/movie/joanofarc/

– 以上

 

汚れなき信仰心と揺るぎない確信でフランスを救った少女。
争いのシーンは観るのがつらいけど、勇敢に叫びまくるミラ・ジョボビッチ演じるジャンヌに心が熱くなる。

旗を掲げ
「勝利をあげるわ!わたしについてらっしゃい!!」
なんて叫ばれたら当時の衰退したフランスの軍も奮い上がっただろう。

争いごとが良いとか悪いとかはこの際おいておいて、その勇士に涙があふれる。

男心としてもなんとしてもこの少女を守りたいと思うだろうし、この子の為に死んでも構わないと思う軍人もいたかもしれない。

女だからと軽視され、それに腹を立て突然髪をざくざく切りはじめるジャンヌも狂気的であった。

お告げ(神)との対話も興味深い。
純粋な信仰心は時として狂気だ。
フランスでは救世主、イギリスでは魔女。
視点が変わればその価値は変わる。
いろいろ考えさせられる。

ジャンヌ・ダルクは実在した伝説の少女。
それのみが揺るぎない事実として存在する。

それにしてもミラ・ジョボビッチ。

戦う女。

狂気の演技。

いつもシビレます。

バイオハザードなんかの怖いシーン続出の映画も、彼女の勇士を観る為なら我慢できるのです。

2006年奈良大仏マラソン

前日が雨だったので、悪天候の中の大会になるのかと思いきや、当日は晴れて地面も乾いておりました。

ここ数年では一番よい天候となりました。

毎年たくさんの人が参加されるのでスタート直後は大渋滞。

なんとか前に前にと人の間をすり抜けて走りました。

去年までとはコースが変わっており、上り坂が多く、後半は坂が終わったと思ったらまた坂が続くという“えげつない”コース(笑)

走りながら、えげつなー!と何度も思いました。

坂があると平坦な道よりも飽きることがないので個人的には好きですが、あまりにも多かった。

途中で虎の着ぐるみのおじさん(大仏マラソンで毎回見かけます)をペースメーカにして快調に走りました。

ゴールが見えると最後の力を振り絞ってゴールに駆け込みました。ゴールの電動時計はまだ40分台!

 10キロ 49分35秒 自己新記録が出ました!がんばりました!

最後の1キロは4分13秒のスプリットタイム。
大会の後は友達と合流してお昼ごはん。

お気に入りのアユラカフェに行きました。

ここのごはんはヘルシーで大好きです。

そしてプリンス好きの我々はどうしてもラスベガスの話題へ。

走って、美味しいごはん食べて、昼寝して、いい一日でした。お疲れさまでしたー!

QJ's BAR 7th Anniversary Party

「忘れられない一夜」

さすがソウルバーの周年パーティー

盛り上がりました!!

京都最高ーー!!

QJ’s BAR サイコーーー!!!

 

ライブをしてるとき、やっぱり勝手に手や口が動きます。

その場の空気を感じ、アドリブ連発。
QJ’s BAR (Kyoto)
http://www.qjsbar.com/

11.21.2008
SHINJI Talkbox Live

1st
So Ruff, So Tuff
Cutie Pie
Do Me Baby – Nobody
Let’s Chill
Let’s Stay Together

2nd
In The Midnight Hour *
No Diggity
I wanna be your man / Blackstreet *
Between The Sheets
Computer Love
I Want to be Your Man/Roger
More Bounce to the Ounce
Doo Wa Ditty *

QJさんのトークボックスプレイも観れます。
楽しい夜にお招きいただきありがとうございました。

京都に行ったらとりあえず QJ’s BARに行きましょう!
甘めの音でお迎えしてくれると思います。

Bed Room Live vol.3

11月9日【大阪・本町】 at jaz’ room nu things

<演目>
1.MY BODY/LSG
2.LET’S CHILL/CHALIE WILSON
3.POWER OF A WOMAN/ETERNAL
4.THE WIND BENEATH MY WINGS
5.YOU ARE NOT ALONE/MICHEL JACKSON
6.MAKE IT LAST FOREVER/KEITH SWEAT & JACKIE MACGEE
7.NEW JACK SWING MEDLEY
GROOVE ME/GUY
~ ROMANTIC/KARYN WHITE
~ FAIRWEATHER FRIEND / JOHNNY GILL
8.I WANT TO BE YOUR MAN / ZAPP & ROGER
9.MY MY MY / JOHNNY GILL

ENCORE
TWISTED / KEITH SWEAT

Band Member

MITCHI vocal
SHINJI Talkbox

1000-LOVE BAND
P-taro Nishiguchi Drums
Fujita Saaaan Bass
Hisao Hiramatsu Guitar
COOKIE vocal & Music Director

Thank you so much!

代官山とタンカと豚と私

3日

Feel Tibet
at 奈良県代官山iスタジオ
http://www.feel-tibet.org/

ちょうどチベット関係の展示があったので、しかも奈良県代官山iスタジオというところで、とりあえず行ってみようと思いました。

この施設、なにげに以前から気になっていたのです。

当日の予定を何も知らずに行くと、その日は在日チベット人タンカ(仏画)絵師 シャンパさんによる実演・トークにタンカ体験が出来る日でした。

タンカというものを知ってから、少しかじってみたいなと思っていたのでした。

もちろん挑戦しました。

タンカは図案が決まっていて、それを忠実に再現しないといけません。なので創作というジャンルはない。

忠実に美しく再現することが大事なようです。

なので、寸法も決まっており、ガイドラインを引いてそれに従って線を入れていきます。

製図やイラストレーター(コンピューターで絵を描くソフト)に近い感覚です。

一枚の絵に同じサイズの釈迦が描かれいているのは、図案が決まっているのと、細かい寸法が決まっているからなんです。

普段、適当にしか絵を描いていないボクとしては大変な作業でしたー!

イラストレーターで絵を描き始めた頃を思い出しました!

しかし、ストイックな作業だ。

これも修行なのでしょー。

 

顔の方は15分ぐらいで仕上がったのですが、全体となると1時間はかかりました。

そのあとはシャンパ先生によるタンカについての説明があり、非常に興味深いものでした。

タンカに創作はない、ということで今後、自分で描くことはなさそうですが、イラストを描くときに、描き方などは非常に参考になるだろうと思いました。

 

それからは代官山散策。

よさそうなお店でドライカレー食べたり、豚のかわいい看板を発見したり!

食後だったのでお店に入らなかったのが残念。。。

おしゃれで小さい店が多いなー。

ゆるやかな坂があるのも歩いていて面白かった。

1102 LIVE at 大久保水族館

ありがとう!

来れなかったけど応援してくれた人もありがとう!

今回は念願の東京公演、そして音楽仲間のしんたろちゃんと一緒にやるという夢が叶いました!

そしてお客さんが凄かった!
みなさん反応よすぎで、気持ちよく演奏させていただきました!
お店の雰囲気も今の自分のキャパシティーに丁度あったものだったし、すごくやり易い雰囲気だった。ほんとに水槽がいっぱいで水族館さながらでした。
演奏面の反省点はあるけど、ライブの空気は今までで最高のものが作れたと思います。みんなのおかげです。感謝。

まだまだこれからレヴェルUP↑します。
また東京でやれるといいな。

1102 LIVE at 大久保水族館

11月2日 大久保水族館

【演目】
Get On Up
Between The Sheets
So Ruff, So Tuff
Ryde Dyvine
No Diggity
Deep
I wanna be your man
You Are Not Alone
Beautiful Ones
Woman
Let’s Stay Together

He’s Able
Friend Lover Sister Mother/Wife
Do Me Baby
Nobody
Let’s Chill
In The Midnight Hour
Mothership – Zapp,P-Funk Medley
I want to be your man

Computer Love
Doo Wa Ditty – Bird

心傷パート1

すべては泡となって消えてゆく いつも いつでも
雨にうたれていたい 涙だと気付かれないように

そして月は笑う

Coccoを聴きながら うとうとしていたのです

人の気持ちなんてわからなくていいのに わからなくてよかったのに
どうして僕は気付いてしまうんだろう
その仕草に その言葉に
人の気持ちの欠片を見抜いてしまうんだろう

水の音 風の音 透明に時は過ぎてゆく すべて過ぎ去ってゆく
そして 朝は容赦なくやってくる

毎晩側に誰かいてくれたら、こんなに孤独に苦しまなくていいのに

さようなら さようなら みんな さようなら
醜くて美しい世界にさようなら
偽りばかりの世界にさようなら

私は自由に飛ぶ 自由を目指して
君を独りぼっちにはしない
君が私を必要なのだとしたら 私はいつでも飛んでいく
君と一緒に飛びたいんだ 自由に FLY

答えのない答案用紙に向かって いつまでも考えているんだ
これは難問だ
愛も恋もやっぱり 共同幻想?

真剣になればなるほど みんな どうして私から離れていくんだろう?

嘘でもいい 誰か私を心から愛せばいいのに

女 「私の荷物を全部持って、今すぐ出ていくわ」
男 「僕の心の中にいる君を忘れているよ。
これも持っていってくれないか?」
女 「それは私のものじゃなくて、あなたのものよ」

女は振り向きもせず出ていった。

ビックリしました ほんとに こんなことがあっていいのでしょうか?
もう誰の言うことも信じません
私は嘘は言いません。 本当のことしか言いません

自分が重いと思う物は持てないのです
持とうとするから重いのです
持てない物は持てないのです
持てる物しか持てないのです

みなさん それではお休みなさい。

06和歌浦ベイマラソン with Jazz

疲れ切った危ない顔をしていますね。笑
今回は天国と地獄を味わいました。

本番という事で緊張してしまい始めの5キロぐらいは筋肉が硬いのが自分でわかるくらい。だんだん慣れてきて気分も良くハイペースで走った。今回初めて iPodで音楽を聴きながら大会で走った。TALKBOXものとゴスペルがメイン。そしてやはり木更津キャッツアイの曲はかなりハイな気分にさせてくれる。「赤い橋の伝説」で泣きそうになる自分。12キロ地点で1時間3分という好タイム。かなり気持ちよく走れた。

自己新ねらえるかと思ったけど、14キロ地点ぐらいからペースダウン。歩幅が広がらないのがわかる。iPodを聴いてるのも疲れてきた。そして18キロぐらいで腰痛発生!マラソンで腰が痛くなったのは初めて。腰を取ってしまいたいぐらい痛かった。

それでも何とか頑張ってラスト2キロはペースを上げて走った。BGMもタイミングよくもう一回「赤い橋の伝説」!!最後の力を振り絞る!でもこれが今までの経験のなかで一番辛い!!と思うぐらいしんどかった。もうマラソンなんか出たくないと思うくらい。踏ん張りは利いたのでパワー不足ではないと思う。

結果は去年より遅い2時間50秒というタイムでした。2時間の壁はでかかった。腰痛さえ出なければと後悔しても。。。調べてみたら腸腰筋という箇所らしい。そいえば全然鍛えてない筋肉だった。ほかの箇所と筋肉のバランスがとれていない所為かもしれない。しかし、トラブル発生でもよくがんばった俺の身体。ありがとう。

今年の参加賞のTシャツはセンスのいいイラストが入ったドライメッシュの素材。すこしうれしい。