WEBデザイン

ちょっとはココらしい話でも書いてみよう。

私には好きなWEBデザインのパターンというのがある。

背景色、文字の色、大きさ。

それがわかるまでは本当に試行錯誤の日々だった。

結論から言うと、今のデザインのパターンが非常に気に入っている。

7月にドメインを取ってから一度もデザインのパターンを変えていない。

これは私にとって珍しい事だ。

度々このサイトを訪れてくれている人はおわかりだと思うが、本当に頻繁にデザインを変えていた。

私がHTMLを覚えてからいったい何パターンデザインしたのか、自分でもわからない。

時にはサイトコンセプトやタイトルまで変えたりもした。

これはWEBデザインにおける実験であった。

思いついた発想をすぐに実行でき、反応を見る事が出来るのはインターネットの面白いところだ。

ちょっと専門的な事を書いてしまいます。

デザインするにあたって、フレームを使うべきか?

コンテンツメニューの配置は?

ディレクトリ構成は?

サイトにあった色は?

今ではクライアントから資料をもらったり、話を聞くだけでイメージできる。

逆に言うと、資料もない、コンセプトも決まっていないサイトは非常にデザインしづらい。

イメージしたものを形にしていく。

これが結構難しかったりもするが、難しいからこそ面白い。

特に商業WEBデザインは面白い。

そこからどれだけの効果、利益が生み出せるのか、想像するとワクワクする。

まだまだWEBデザインの上澄み程度しかわかっていない気もするが、これからももっと進化したものを提供していきたい。

2001年11月3日(土)