2008

男が強くなくてはいけない理由

男は何で強くなくちゃいけないか 知ってっか?

女、子供を守る為だ。

決して誰かを傷つけるためじゃない。

そんなことは弱虫のすることだ。

強いやつは ただ守るだけだ。

どちらかというと貧弱で力の無い私は、自分の体力や体型を見てダメだと思った。

いざというとき、大事な人を守れない。

そう思ってからランニングと筋トレをはじめた。

はじめてからもう3年は過ぎた。

筋肉は付いたし以前より走るのも速くなった。

体重も二十歳ぐらいの頃に戻った。

以前よりも精神的にも強くなったのを感じる。

特にこの半年は強くならざるを得なかった。

しかし、まだまだ弱いただの人間だ。

いつまでたっても。

でも無力な自分を嘆きはしない。

無力だと知り、もっと強くなりたいと思う。

大空よ。

いつか あんたみたいに たくさんのものを守れるようになったら

オレを神様にしてくれよな。

無我

まずはその私欲やエゴの固まりを捨て去りなさい

己を空っぽにしなさい

そうしてこそようやく

本当のやさしさや思いやりの心が芽生えるのです

手のひらに文字を書いた途端、
そんな言葉が頭の中に強烈に響く。

まだまだそんな心境にいたらない自分は
激しく胸を痛め、ただうずくまるしかありません。

無の字はまだ小さく、我の方が大きい。

心境をあらわしている筆跡になりました。

仲間

モグリルームさん、最後のグループ展「5飯展」に出展した作品です。
作品というか、粘土を触ってたら自然と出てきた形で、

ちこらは松本えつをさん、

はなうさぎは小林賢太郎さんの漫画なんですが。

ミニブタは良くできてると思います。

亀は娘の作品です。

一応「仲間」という仮題をつけています。