プリンス愛用ギターの日本製テレキャスター「MAD CAT」を試奏

MADCAT プリンス

プリンス愛用の日本製ギター「MAD CAT」を試奏しました

最近また時間があれば楽器屋巡りをしています。

今自分が出したい音はどんなかな?
どんな楽器があるのかな?
欲しいあのギターはあるかな? とか思いながら。

プリンスといえば雲の形をしたクラウドギターやシンボルマークのギターなど、個性的なギターが有名ですが、一番長く愛用しているのがこのH.S.Anderson MAD CATです。
飲食店などで飾られているのは見たことがありますが、ギターショップの店頭で見つけたのは初めてでした!店員んさんが声をかけてくれて試奏させてくれました。

H.S.Anderson HS-1 MAD CAT LTD【限定復刻】

MADCAT プリンス

このギターとご対面するだけで、なんだか緊張して汗ばんでしまいました(笑)

お値段は178,000円 (税抜) 

ふむふむ、このクラスのギターでは手頃な値段ですね。

 

フェンダーのギターアンプで試奏させてもらいました。

プリンスもよくエレキ・ギターを指弾きするので、私もクリーンな音で指弾きを楽しみました。

フレットは指が軽やかに滑るような弾きやすさ!
少し小さめのギターのボディーですが、抱きかかえると安定感があり、体にぴったりと馴染むようでした。プリンスは身体が小さかったので、このギターとの相性はバッチリだったんでしょうね。

マッドキャットについて

H.S.Anderson MAD CAT

マッド・キャットは日本人が製作したギターです。

H.S.Andersonは1974年に設立された日本のギター・ブランド

設計・開発を手がけた男・ 椎野秀聡(しいのひでさと)とは?

1947年生まれ ギター、アンプ、エフェクター、音響機器、DJミキサー、ターンテーブルなど、数多くの楽器設計・製造に携わる。1969年に日本楽器(現ヤマハ)に入社し、以降はグレコ、アイバニーズ、グヤトーン、ローランド、エルク、フェルナンデスといったブランドのプロヂュースを手がけ、1974年にH.S.Andersonを設立。1975年にはESPを創業、1977年にベスタクスを創業する伝説の人物である。

(参考:Guitar magazine (ギター・マガジン) 2016年 7月号 [雑誌]

H.S.Anderson MAD CAT SPEC

  • Body…Ash 2P/Flame Maple AAA Top&Back/Center Walnut
  • Neck….Maple 1P
  • Pickups….Bill Lawrence/USA T-Ⅰ/T-Ⅱ
  • Peg…..Gotoh SG503-07 CR
  • Pickguard…..Original Tortoise Celluloid
  • Weight≒3.4Kg
  • SKBセミハードケース付属

今回、試奏させていただいたのは大阪・アメリカ村のイケベ楽器店です。

どうもありがとうございました!

 

イケベ楽器 アメリカ村

Amazonでも何箇所かで購入可能


SNSでもご購読できます。