携帯電話不携帯


ランニングしている時は当然のようにケータイを持って出ません。

先日は、難波に出向く際に携帯電話を忘れて出かけました。

大事な連絡が入ったらどうしようと思いつつも、少しだけ開放感が味わえました。

帰ってきたらやはりメールも着信もない。

ほっとしつつ、携帯電話なくてもいいかも、と思ってしまう。
しかし、私のようなルーズな自由人はケータイが重宝する。

『何時頃にどこらへんで待ち合わせ』というルーズな約束で、多少時間に遅れようが場所を変更しようがなんとか会える。

昔は場所も時間もきっかり決めて会わなければならなかった。

どちらも善し悪しはある。
あとケータイメールは苦手。

あの小さいボタンで細々と文字を打つのがどうも辛抱ならん。

ケータイで長文を打ってくる人がいるけどビックリする。

もっぱら受信専用になっている。


SNSでもご購読できます。