Sound

Talk about Talkbox

TALKBOX

半年ぐらい前からトークボックスという一部のマニアからは熱狂的な人気のある楽器を練習しています。

本当はトーキングモジュレーターというエフェクターのひとつなのですが、チューブをくわえて演奏するスタイルからして楽器のひとつととらえても間違いないでしょう。

写真のような格好になるわけです。

通常はキーボードやギターにトークボックスを繋ぎます。

装置の細かい説明はここでは省略させてもらいます。

キーボードの音なのに歌っているように聞こえる(実際歌っているんです。自分の声をほとんど出さずに)、ハマル人はとことんハマル不思議なサウンドです

代表的奏者としてZAPPというファンクグループの故ロジャー・トラウトマンがいます。

スティービー・ワンダー(キーボード)やジェフ・ベック(ギター)が先駆者として存在しますが、ロジャーがトークボックスの存在を広めたといって、これも間違いないでしょう。

ソウル界では彼との共演を熱望するアーティストも少なくありませんでした。

そして彼がいなくなった現在、トークボックスプレイヤーもかなり増えてきたように思います。
ロジャーの「I Want to Be Your Man」に心打たれて十数年。ようやく自分でもやってみようと思い立ったのです。

練習し始めて半年の私が不思議に思う事は、トークボックスの教則本が存在しない(すくなくとも日本では)事です。実際やってみるとかなり難しいですし、知ってなくてはいけないコツがあります。

幸いインターネットがありますし、ブロードバンド時代なので演奏を動画でアップして、それを見てもらってアドバイスをもらうということを繰り返して、それなりにコツや方法がわかってきました。

(Thank U 4 talkbox players in the world!)

いつかそのコツをまとめられたらと思うのですが、まだまだ練習しないとわからない事もありそうです。
楽器屋に行っても普通にトークボックスが並んでるのを見た事がないし、まだまだ謎に包まれた存在のような気がします。

New Ridaz

トークボックスを始めてから音楽趣味が少し変化しつつあります。

ウエッサイ、チカーノやラップってわからんとずっと思ってたんですが、案外メロウなトラックをやってるグループもあって、2PACなんかもめちゃメロウな曲があるし、全然いけるやん。って感じです。

 


それで気になったこのグループがNew Ridaz

全曲メロウでかっこいいトラック満載!

ラッパー2人に女性ボーカルが絡む。

もちろんトークボックスあり。

プロデュースはTONY TALKBOXっていう人。

(前から名前だけは知ってたけど)
前にも紹介したMC MAGICが在籍していたときがNB RIDAZというグループで、MC MAGICが抜けて、女性ボーカルのAngelinaが加入したのがこのNEW RIDAZ。(間違ってたらご指摘下さい)やっぱりセクシーな女性が入ると雰囲気もグッと明るくなりますね。

MySpaceのレイアウトをふんだんに使ったPVもいいです。

YouTube Preview Image

しかし最近は音楽情報を知る手段がほんとにネットオンリーになってきつつあります。

ラジオを聴く習慣がないので特に。

ラジオもネットラジオ(Podcast)を聴いてるし。大型CD店も閉店してしまう昨今、この先、音楽業界はいったいどうなるんやろ?

受け入れつつも寂しくもありです。

スティービー・ワンダーを見てきましたよ。

やっぱり、歌ってるあいだ中、首を振ってました。
メリークリスマスをみんなで歌ったり、往年のヒット・ナンバーをやってくれたりと、1時間半くらいのステージでした。
そこで、ひとつ気付いた事があります。彼はみなさんもご存じのとおり盲目のアーティストです。
そして、彼はわたしたちに必要以上に歌わせようとしているように見えました。
それは、盲目の彼が大阪ドームの観客の存在を感じることのできる唯一の方法だということに気付いたんです。
声を感じ、音を感じることでみんなとコミュニケーションしているんだなぁと。
いやぁ、素晴しかったです。

私の親父は、彼が手をひかれて登場したのを見ただけで涙がでてきたと言ってました。
(家族全員で行きました)
目が見えなくてもあれだけやれるんだということに感動したらしいです。

PS:伊丹十三氏、自殺したんですね。なにもそこまでせんでも…という感じがしますが…ご冥福をお祈りします。

JAM of the YEAR World Tour

The Basic Set List

  1. Jam of the Year
  2. Talking Loud & Saying Nothing(James Brown cover)
  3. Let’s Work
  4. Purple Rain
  5. Little Red Corvette
  6. Get Yo Groove On
  7. TMBGITW
  8. Face Down
  9. When You Were Mine
  10. “A Case of You” (occasional Joni Mitchell cover)
  11. The Cross / One of Us(costume change)
  12. Do Me, Baby (beginning with band member intro’s and including snippets of Adore, Scandalous and How Come You Don’t Call Me Anymore?)
  13. Sexy MF
  14. If I Was Your Girlfriend
  15. How Come You Don’t Call Me Anymore? piano medley of hits, titles vary
  16. Take Me With U/Raspberry Beret(costume change)

*basic encore:

Sleep Around, Baby I’m a Star, 1999

*greatest hits encore:
Kiss, Cream, Gett Off, When Doves Cry

 

日本の0(+>ファン/フレンドの中には、海外で0(+>がどのような事を行っているのか知らない人も案外多いのではないしょうか?
ということで、SFCでは0(+>の現在の活動を追っかけて行きたいと思っています。

現在、0(+>とNPGは右のようなセットリストを基本としてツアーを行っているようです。

しかし、半分はプリンス時代の曲をやっているんですね。
相変わらず、サービス精神旺盛です。
Let’s Workなんか、絶対聴いて見たいですね。

ピアノ・メドレーもその日の気分でいろんな曲をやったりするのでしょうか?

ぜひ、日本でもやってほしいですね。

アンコールの曲目、
Sleep Around, Baby I’m a Star, 1999!!!

これを見ただけで、ぞくぞくしちまいます!!

さて、彼は今のところ(たぶんこれから永遠に)どこのレコード会社にも所属せず、フリーな状態を保っているので、更に彼はいろんな活動を精力的にやってくれる事でしょう。

ただ、日本ではマスコミに取り上げられる事がほとんどなくなってきたので、ファンにとっては少々辛い状況であるかもしれません。

海外では結構インタビューなど、頻繁に行われているんですけどねぇ。

SEX IN THE SUMMER NIGHT

19970119

7/19(SAT) 6:00PM-0:00AM
Admissionfee 1000YEN

参加者43名

-MENU-

DANCE EXPERIENCE
DJ:KENTARO,TAKE,FUNA-CHAN
INTERACTIVE
2 NIGHT WE VIDEO
THE MOST BEAUTIFUL GIRL IN THE WORLD CONTEST

 

funky皆さん、楽しんでいただけましたでしょうか。
主催者のわたしが一番満足したように思いますが…
何が目的かっていったら、やはり0(+>のファンが一つの場所に集まって交流する事にあります。
今後のイベントの参考にしますので、ご意見、感じたこと、 こんなことをしてほしい、などありましたらお寄せください。
また次回をお楽しみに!

special thanx to… KANA,MAKI,SAEKO,KENTARO,TAKE,KEISUKE(TOMATO)
テツダッテクレタミンナ、ドウモアリガトネ!

he

itsmpls

prince-2

 

veg